トップページ

健康のために役立つ方法、美容に効果的な生活習慣を「美容健康生活」ではお届けしています。
エステサロンなどでの施術も美容には効果的ですが、地道な日々の習慣も同じぐらい大切なものです。
全国より集めた体験談とともにご覧下さい。

肩甲骨ストレッチで燃焼力アップ!

年齢とともに、代謝ってどんどん落ちてきますよね。

私は今年で28歳になったのですが、数年前にはなんとも思わなかったのに、

最近、むくみや体重の落ちにくさが気になるようになりました。

二十代の前半には、お正月などに少しくらい太っても、

その後の食事を控えめにしたり、軽くウォーキングをしたりするだけで簡単に体重が戻っていました。

でも最近、事務仕事でパソコンに向かっている時間が長いせいか、

ちょっと食べ過ぎるとすぐに体重が増えて、しかも戻りにくくなってきました。

このままでは、あっという間におばさんになる…と思い、始めたのがストレッチです。

ランニングなどはどうせ続かないので、家の中でかんたんにできて、毎日続けられそうだと思ったのが主な理由です。

ストレッチと言っても、全身ではなく、とくに重点的にするのが肩甲骨です。

私はもともと肩こり気味で、ちょっと疲れるとすぐに首や肩が重くて、頭痛などもするようになりました。

その肩こり解消と、ダイエットの一石二鳥ということで、テレビなどでなんとなく見たことのある、肩甲骨をほぐそうと思ったのです。

肩甲骨というのは、ご存知のとおり背中にある二つの大きな骨です。

この付近には、大きな筋肉と血管が通っているということで、

ここをほぐすと肩こりと代謝アップにつながるということでした。

私のやり方はこうです。

まずひとつめ。

1、両手を後ろで組み、そのまま肩甲骨を寄せるようにして、手を組んだままあげられるところまで上げる。そのとき、首も後ろへ傾ける。

2、手を離し、今度は体の前で組み、そのまま手のひらを外に向けます。頭を下に向け、背中をのばします。

これだけを、ゆっくりと、気持ちいいと感じる程度になんどか繰り返します。

とくに1は、できるだけ肩甲骨を寄せるように意識して行います。

そうすると、背中や首の血が巡るのがわかり、気持ちいいですよ。

ふたつめです。

1、両手を体の横にして、ひじが90度になるように手を上に向けます。このとき、ひじの位置が肩の高さになるようにしてください。ロボットみたいな感じです。

2、そのまま、腰をひねらないようにして、上半身だけで左右にひねります。肩甲骨が刺激されているのが感じられると思います。

これをゆっくりと何度か行います。

そのあとに、背中を伸ばすように、先ほどの2のストレッチをするといいと思います。

これを続けると、背中が柔らかくなったのがわかると思います。

私はこのストレッチを続けて1ヶ月ほどですが、肩こりや頭痛の悩みがかなり軽くなりました。

そして、やっぱりうれしいのが代謝が上がったように感じられることです。

薄着でもなんとなくぽかぽかして、会社でも疲れたときに行うと、目が覚めるような気分になります。

体重も、前よりは戻りやすくなりました!

さらに、前よりもさわやかな気分で、朝目覚めたり仕事にいけるようになりました。

肩甲骨だけでなく、他の部分のストレッチもあわせて行うと、さらに効果的です。

ぜひ、ためしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ